新型コロナウイルスに対する当社の取組②

②感染予防対策物品の確保

新型コロナウイルスを含む感染症対策として、「マスク」「消毒薬」などの感染予防対策品が品切れ状態となっています。令和2年3月4日には厚労省からも、各介護施設や在宅介護事業所へ感染予防対策品の在庫状況の確認指示が来ていました。全国的?世界的?な規模でマスクなどの物品不足がおこっています。当社も東日本大震災などの災害時の世の中の変化は経験していますが、予測もつかない所での変化には対応の難しさを感じています。当社が取引している物品業者からも「しばらくは発注を受けても供給することが出来ない。」と言われている現状です。毎年この時期は感染症というよりも花粉症でマスクが必要な人が多いのに、このマスク不足は本当に色々な人が困っていると思います。(自分も花粉症なので・・・)

川越市へも回答をしたばかりですが、当社の在庫状況としては「マスク」「消毒薬」「ディスポーザブル手袋」などの物品は今の所、取引業者様のご協力もあり向こう1ヵ月程度の備蓄は出来ている状況です。

しばらくはこの備蓄をうまく使用しながら、デイサービス2か所・訪問介護・福祉用具・介護タクシーなどの事業は通常どおり営業していきます。
あとは新型コロナウイルスの感染が収まってくれることを祈るばかり。
なお、この投稿を見て、「備蓄品を分けて欲しい」というご要望などは受けかねる状況です。また在庫を持っている取引業者さんなどもご紹介できる状況ではありませんので、そういったお問合せはご遠慮ください。

 

また、これは新型コロナ感染予防対策とは直接関係はありませんが、先日の安倍総理の「小学校・中学校・高校はしばらくやすみ!」という急な指示により働けなくなくなる恐れのある職員さん用に、会議室を一時的に「こども預り所」として開放しました。

 

 

 

 

 

 

↑TVもDVDもみれるし、任天堂スイッチなどもつなげることができるよ!

うちも上の子が小学校6年生の為、「6年生を送る会」やら「卒業式」を楽しみにしていただけに、非常に残念です。急すぎたことには腹が立ちましたが、学校での集団感染の恐れはやはりあったと思う為、やむなしとは思っています。小学生、早く外で思いっきり遊びたいよね(*´Д`)